FC2ブログ

Awareness Through Movement & Functional Integration   可能性は青天井。眠らせている可能性を発掘しましょう。

「ゆったり&ワクワク1日フェルデンクライス」 第5回目

「ゆったり&ワクワク1日フェルデンクライス」 第5回目

好評を頂いております「ゆったり&ワクワク1日フェルデンクライス」。
3ヶ月に1回。祝日に催しています。
今回で第5回目。
今回は目をテーマに。

日時:
11/3(木/祝) 10:00~16:30

場所:
阪急庄内西口駅前 水谷ビル2階

参加費:
6,000円 (当日お支払い下さい。)

講師:
田中千晶

定員:
8名

申込:
左欄メールフォームからどうぞ。

※体のどこかに痛みをお持ちの方はお申し込み時にお知らせ下さい。

スケジュール:
午前2時間半、午後2時間半。ランチ休憩1時間半。

服装、持ち物:
●バスタオル
●屈伸や伸びが楽にできるようなゆったりとした服装。
●汗をかくような運動はしません。寒がりの方は暖かめの服装で。
●床(マット)に寝てのレッスンになります。頭の下に敷くハンカチまたはタオル。
※更衣スペースあります。
※マットはこちらでご用意します。

スマホの時代になって、目の動きが固い人が増えたなと思います。
増えたというより、程度の差はあれ全員が固くなっていると思います。

目の動きの固さ、目の疲れは、
全身の固さ、心の固さとも重なります。


レッスン後は
目のレッスンに限らず
フェルデンクライスのどのレッスンもそうなのですが、
●目がよく見える。
●視野が広くなった。
●色が鮮やかに見える。
●物がクッキリ見える。
●風景がすごく立体的に見える。
等の感想をよく頂きます。

実際、
当教室のレッスンに通われた方の中には、
視力が良くなって
眼鏡やコンタクトを買い替えた方が複数いらっしゃいます。

また目のレッスン後、
●体がとても楽になった。
●可動域が広がった
等のご感想も多く頂きます。

何をしても
体の緊張がとれない、
心の緊張がとれない、
パフォーマンスが頭打ち、
という方にも目のレッスンはお勧めです。


目に関心をお持ちの方も、
そうでない方も、
この機会にぜひ一度ご体験ください。
初めての方大歓迎です。

大阪・天満橋マインドフルネス研究所代表 西山純一さんと
フェルデンクライス・メソッド@大阪代表 田中千晶の
目についての対談動画。





1日フェルデンクライス、
大きく体が変わります。
自己イメージも。

自分を探求している方に。
あらゆるパフォーマンスをアップしたい方に。
もちろん健康のために。


不可能を可能に。可能を容易に。容易を優雅に。

「1日は長いなぁ...。」と思われる方、「あっという間だった (^_^)(≧∇≦)(^O^) 」というご感想がほとんどです。

一日かけるからこその深い学びが得られます。

第1回目のご感想1〜5もぜひお読みください。
http://purnamasari95.blog59.fc2.com/?pc

スポンサーサイト



検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター
フェルデンクライス・メソッドとは
 赤ちゃんは誰に教えられることもなく、試行錯誤を繰り返し、寝返りが出来るようになり、立てるように、歩けるようになります。「フェルデンクライス・メソッド」は外からの教育や治療ではなく、こういった内からの自発的な脳の学習能力に着目して考えられたレッスンです。体のつながりに意識を向けながらゆっくりと心地よく体を動かしていくことで、より楽な動き方に出会えます。体が変わると心も変わる。心身ともに無駄な力みや緊張から解放されると、クリアーに物事が感じられ、あなたの中に眠っていた様々な可能性が目覚めます。欧米では教育・芸術・医療など幅広い分野で評価され、活用されています。
ATM(Awareness Through Movement)レッスン
ATM(Awareness Through Movement)は主にグループレッスンで行われます。 レッスンは数百、数千あるとも言われていますが、ほとんどのレッスンが床の上に寝転んだ状態でおこなわれ、その動きは、発育発達に関わるようなものや、日常生活の動作に基づく、シンプルなものです。講師は見本を示さず動きの指示を言葉でおこない、生徒は「自身の体の繋がりに意識を向けながら」各自のペースで思い思いに「心地よく」動きを探求していきます。 レッスンではまず知っているようで知らなかった自分の体を動きをあらためて「みてみる=感じてみる」。その上で「ちょっと違うこともやってみる」。感じるために「ゆっくり動く」。そして心地よく動くためにも「要らない力は使わない」「気持ちの良い範囲で小さめに動く」「自分のペースで楽な回数だけおこなう」。そして脳を休めるために頻繁に「休み」を挟んでいきます。このようにあらためて自分の動き方を観察していくことで、今よりもより楽な、自然で、効率の良い、質の高い動き方に出会えます。
FI(Functional Integration)レッスン
FI(Functional Integration)は個人レッスンで行われます。ハンズ・オン、講師が生徒の体に触れ、柔らかいタッチで動きを誘導していきます。生徒が今まで気づいていなかった自身の中に眠らせている豊富で機能的な動きや、身体や動きをよりよく組織化する方法に気づけるようガイドしていきます。     
プロフィール

田中千晶

Author:田中千晶
高齢者、赤ちゃんへのレッスンを特に得意としています。

シェルハブ・メソッド + フェルデンクライス・メソッドの「赤ちゃんの発達の動きを辿る大人のクラス」は様々な方に好評です。

●大阪府豊中市在住

●国際フェルデンクライス連盟公認プラクティショナー
●日本フェルデンクライス協会会員
●シェルハブ・メソッド 国際公認講師
●Movement Intelligence ボーンズ・フォー・ライフ国際公認講師

●バリ舞踊家
●バリ舞踊プルナマ・サリ主宰

'93年
インドネシア政府給費奨学生としてインドネシア国立デンパサール芸術大学舞踊科に留学。

'95年
帰国後バリ舞踊プルナマ・サリ設立。

'98年
体の故障に悩みフェルデンクライス・メソッドに出会う。

'04~'08年
FPTP NIPPON Ⅲ(フェルデンクライス指導者養成プログラムNIPPON第三期)に参加。

'08年5月
国際フェルデンクライス連盟公認プラクティショナー資格取得。

'14年11月
Movement Intelligence ボーンす・フォー・ライフ国際公認講師の資格を取得。

'17年5月
シェルハブ・メソッド国際公認講師の資格を取得。

モーシェ・フェルデンクライス博士によって書かれた本
フェルデンクライスの本


リンカラン2006年3月号の74p~79pにフェルデンの体験取材が。とてもわかりやすく素敵です。
フェルデンクライス関連本
体の本
発達の本